1人1冊!

2016年8月26日に初の主著が発売されました!
いろいろな書店を見て回りました。
ありがたいことに、面陳列や平積みされている店も多くありました。
 
さて、まず本書の「はじめに」に書いた、わたくしからのメッセージをご覧ください。

●以下、本書より●

データの活用を、データサイエンティストやマーケティング関連会社・部署の人たちに任せておけばよいというものではありません。
業績向上には、経営者や正社員・契約社員・派遣社員からアルバイトに至る全員が、次のことを理解し、データ活用を意識して業務を行うことが重要なのです。

(1)データを活用することで「できる(と期待できる)こと」および「限界」
(2)データ周りの作業を行うとき、どの程度の手間がかかるのか
(3)どのような準備が必要なのか

===

(第4日の冒頭・1)
部長が掲げた目標が達成できなかったり、予想が大きく外れてしまったとしましょう。そのとき、部下の人たちは、不満を残さず、再び次期に向けて気分良く仕事をすることができるでしょうか。

===

(第4日の冒頭・2)
異動や退職のほか、急な病気、介護や出産・育児などによって、会社や店を休まなければいけなくなることは、いつでも、だれでもあり得るのです。
 
======
  
本のタイトルに、「入門」とあります。
これまでも統計学やデータ分析に関連するExcelベースの本は、たくさん発売されています。
 
わたくしなりの「入門」を必要としている読者を想定し、情熱を持って書きました。
そのため、統計学の教科書的な本と比べて、ページ数の割には、扱っている分析手法は少なめかもしれません。
 
そして、説明する項目や工程も、統計学のお作法と比べて不足している部分があります。
しかし、本書のコンセプトは、あくまで統計学の教科書的な内容を網羅して、習得することではありません。
 
実務に利く点に絞った使い方を説明しています。
まずはお手に取ってご覧ください。
そして、「これだ!」と思っていただけたら幸いです。
 
    
8月26日発売
「7日間集中講義!Excel統計学入門~データを見ただけで分析できるようになるために~」
米谷学・著  オーム社・刊  289ページ
2,500円(税別)
http://amzn.to/2bKnAfM

気に入った?