ビジネスで統計学を応用すること×数学の問題~2/4

皆さんこんにちは。
Excelベースでビジネスデータ活用の講師をしている米谷(よねや) 学です。

前回の記事に続いて、東京・世田谷の梶川信夫先生が始めた配信「サイエンスカフェ」から。

Youtubeにアップされています。

解説なさっているのは、数学・鈴木稔先生です。

動画の中では、数学の問題を解くのに、ポイントをお話されていました。

  1. 問題文が求めているもの(解答)は何かを理解する
  2. 問題文に書かれている条件を(もれなく)見つける
  3. 問題文に書かれている条件を1つずつ理解して、必要があれば図などに書き出してみる
  4. 公式やルールを理解して、解答に利用する
    などなど

ここでは2つ目の項目について触れておきましょう。

問題文に書かれている条件を(もれなく)見つける

これは、前回の記事で触れた「売上が増えたり減ったりする要因」もこれにあたります。

このとき、業界の商慣習、資金繰りなども考慮する必要があります。
つまり統計学的な精度(正確さ)を追い求めるばかりでなく、『現実的な』統計モデルを作れるかを考えることが肝要だと考えます。

また3つ目のポイントは次の記事に書きますね。
今回もご覧いただき、ありがとうございました。

気に入った?