データ活用と分析の道しるべ

~ 経験や勘だけに頼らず、意思決定までの過程を『伝える』そして共有できるために ~

ビジネスで統計学を応用すること×数学の問題~4/4

皆さんこんにちは。
Excelベースでビジネスデータ活用の講師をしている米谷(よねや) 学です。

前回の記事に続いて、東京・世田谷の梶川信夫先生が始めた配信「サイエンスカフェ」から4つ目のポイント。

動画はYoutubeにアップされています。

解説なさっているのは、数学・鈴木稔先生です。

動画の中では、数学の問題を解くのに、ポイントをお話されていました。

  1. 問題文が求めているもの(解答)は何かを理解する
  2. 問題文に書かれている条件を(もれなく)見つける
  3. 問題文に書かれている条件を1つずつ理解して、必要があれば図などに書き出してみる
  4. 公式やルールを理解して、解答に利用する
    などなど

今日は4つ目の項目について触れておきましょう。

公式やルールを理解して、解答に利用する

数学の目的は、公式や計算などのルールを利用して、証明するということがあります。

これをビジネスに置き換えると、次のような考え方になります。それは、

「データ活用や統計学のルールを利用して、●●●と意思決定した(予測できる)」と説明できることです。

そして組織でデータを活用する場合、「誰が、▲▲は●●●と予測できる」という結論に至った経緯、またどういったデータを使って、どういった要因を挙げたのかなどを説明して、共有できることが大切です。

このあたりは回帰分析に関連する記事でも採り上げます。

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

気に入った?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

© 2014 Manabu Yoneya All rights reserved.